続・ダンボールの日本における歴史

第2次世界大戦の敗戦は、日本全土を覆う大空襲をはじめ国土のほとんどにいたるところに甚大な被害をもたらし、ダンボール産業も他業種同様、壊滅的な打撃を受けました。しかし戦後日本と日本経済の復興に伴って、徐々にではありますが、着実に日本のダンボール産業は復活の道へと反転しはじめます。それには1950年の朝鮮戦争による特需も相まって、日本経済の復興に必要不可欠なな物資輸送に資する包装材の需要が高まったことに起因します。

日本ダンボール産業の復活です。

日本ダンボール産業の復活には戦争による国土の絶望的な荒廃の結果、1951年以来のGHQ統制下の歴代政府による木材資源の保護政策も貢献しています。というのも、当時すでに米国本土では、80%の輸送が、ダンボール包装によって成立していました。これが大きな背景です。当時、木箱輸送が主流の日本の輸送は、わずか7%のダンボール比率に過ぎませんでした。

一方、米国から到着して朝鮮半島へと輸送される戦争関連物資のほとんどがダンボール包装でした。この輸送体制を目前に見たGHQや日本政府高官は日本の産業界に、輸送をダンボール箱で輸送せよ、という大号令をかけました。それが大きな転換点となります。

またしても戦争経済が日本のダンボール産業を上に押し上げた一コマです。

従来木箱であった日本の物資輸送は、1955年の国内の物資輸送は、酒類、醤油、乳製品、農産物などにも、ダンボール箱が採用されることになります。木材や竹などの材料費が高騰し、輸送材としてのダンボール箱を押し上げたという背景もあります。

1960年代には、当初みかんなどの物の柑橘系青果物は緩衝剤なしでダンボール箱に変わりました。これに対しそれまでオガ屑などで保護して木箱に入れられた青果物であるりんごにダンボール箱が採用されるのは1960年代半ばまでを待つことになります。

木箱からダンボール箱に変わった理由としては何よりも、木箱より軽く、空箱を折りたためば木箱の20枚分のスペース、釘などの打込みという手間が不要などの利点があります。 

しかし、最大のメリットは、ダンボール自身に絵を描いたり、ロゴをプリントしたり、色々な装飾を容易に施すことが出来るという点です。これは無機質な木箱とは決定的に違う利点で、現代におけるオーダーメイド。ダンボールのファッション性につながる芽が育ってくることになります。