リクルート映像 会社案内

「説明会に行ったけれどイマイチ内容がイメージし辛かった…」、そう肩を落として帰っていく就職希望者も、少なくはありません。中では、あまり腑に落ちない状態で内定が決まったからと入社して、イメージと違ったと感じる人もいるようです。そんな事業内容が複雑な会社であればあるほど、リクルート映像は会社案内で無くてはならないものになってきます。
動きがあることで会社の躍動感が伝わってくるのも魅力の映像ですが、リクルーターや会社社長、会社の先輩方の話をダイレクトに聞けるのもまた大きな魅力です。会社の社風の前に、まず直に働いている人の「声」を聞けることで観る人の興味を引き出し、会社の案内もより感覚的に捉えられる状態になるのが、映像をつかって会社案内をする上での大きなメリットと言えるでしょう。
業務の内容が難しければ難しいほど「実感」させられるような説明や「共感」できるような内容はとても大切です。会社の案内映像に入るときには、まるで映画を観ているような感覚に引き込まれ、会社内での業務を「疑似体験」しているようなリクルート映像は、観ている側も、より分かりやすく解釈できるのではないでしょうか。
ありのままの社内を体験できたような感覚で入社すると、就業前にギャップなどを感じる人は少なくなり、より会社に馴染んで社員の伸び代も増える可能性が増えていくのでは。会社案内でのリクルート映像は様々なメリットを含んでおり、就職が徐々にしやすくなってきていると言われている今、ますます需要は高まっていくと言えるのではないでしょうか。

 

http://www.seedassist.co.jp/

投稿日:2016.09.14